中性脂肪と生活習慣病

中性脂肪と生活習慣病への対処

 

中性脂肪が溜まってくると、様々な病気の原因となります。
よく言われるのが生活習慣病ですね。
食生活や運動の量などまさに生活習慣によって中性脂肪は溜まってきてしまいます。
メタボリックシンドロームという内臓脂肪症候群などの診断基準にも、中性脂肪値が基準の1つとしてあります。

 

メタボの人は動脈硬化なども進行しやすくて、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病気を引き起こす危険性も高いです。

 

メタボの原因である内臓脂肪は、お腹の内臓につく脂肪ですが、作られすぎた中性脂肪が使いきれずに溜まってしまうことでおこります。
中性脂肪の増加は、生活習慣病の原因である内臓脂肪の増加にも関係しているんですね。

 

 

内臓脂肪の危険性

内臓脂肪は内臓の周りにつくので、病気の原因になりやすいんです。
生活習慣病にもつながりやすいですし、中でもよく知られているもので、糖尿病や高血圧症、動脈硬化や脂質異常などがあります。

 

こうした病気は内臓脂肪によって、血糖値や血圧、中性脂肪が上昇してしまうことによって引き起こされます。
また、体の内側につくので、見た目にもわかりにくく、自覚症状もほとんどないために気が付きにくいんです。
健康への危険性は皮下脂肪よりも高いので、注意が必要です。

 

内臓脂肪は落としやすい傾向にあるので、運動などをすることで脂肪を減らすことができますよ。

 

⇒効率の良い運動方法、有酸素運動と無酸素運動を取り入れる

 

TOPへ戻る

関連ページ

中性脂肪を下げる努力に間違いが?
中性脂肪を下げる努力も間違っている方法だとあまり意味がありません。 どのような方法が正しく、どのような方法が間違いなのかお伝えします。
中性脂肪を下げるための運動とは
中性脂肪を下げるには運動も大切です。 ですが、効率よく下げるには運動に対する知識も必要です。 運動方法についてお伝えします。
中性脂肪を下げる食生活について
中性脂肪を下げる食生活はどのようにしたらいいのでしょう? 食生活についてお伝えします。
中性脂肪と体脂肪の違いとは
中性脂肪といっても、体脂肪とはことなります。 どのように違うのか、体脂肪についてまとめてみました。
体型と中性脂肪は関係ある?
体型と中性脂肪は直接関係があるとは言い切れません。 その関係性についてお伝えします。