中性脂肪

中性脂肪を下げるための運動

 

中性脂肪を下げるためには余っている脂肪を使うように運動しなければなりません。
ですが、正しい方法で行わないと脂肪は燃焼されませんし、「運動しても結果が変わらないじゃん」ということになります。
正しい運動とはどういったものなのかご説明しましょう。

 

 

有酸素運動と無酸素運動を使い分ける

脂肪燃焼のための運動というと、有酸素運動が有効とされていますが、これには落とし穴があります。
実は有酸素運動は20分以上続けないと脂肪が燃焼されないことがわかっています。

 

なぜなら、先にエネルギーとして消費されるのは糖質だからです。
脂肪の燃焼が始まるのはその後なので、結果としてかなり長い時間有酸素運動を続けなければなりません。
それでは、気力がもたないですよね。
なので無酸素運動も取り入れたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、有酸素運動というのはジョギングなどのことです。

 

 

無酸素運動も大切

無酸素運動は筋トレなどのことですが、この無酸素運動が有酸素運動の効果を引き立ててくれるのです。

 

無酸素運動をすると成長ホルモンなどが分泌されて、それが「代謝を高める、筋肉を作る、脂肪を分解する」ということに繋がるのです。

 

なので、ジョギングをする前に軽く筋トレなどをすることによって、その後のジョギングの脂肪燃焼効果を高めることができます。

 

 

初めは軽めに

効果的だからと言っても、これまであまり運動してこなくてなまった体では軽い運動でも大変です。
翌日の筋肉痛などにもつながり、生活にも支障がでてしまうかもしれません。
そして気力の維持も難しくなります。
初めは軽くでいいので、すこしずつ始めていきましょう。

 

そこに、食事メニューを脂質の低いものに変更したりですとか、イマークSを取り入れるようにすると中性脂肪を減らしたり、体型も改善していくことができますよ。

 

TOPへ戻る

関連ページ

中性脂肪を下げる努力に間違いが?
中性脂肪を下げる努力も間違っている方法だとあまり意味がありません。 どのような方法が正しく、どのような方法が間違いなのかお伝えします。
中性脂肪を下げる食生活について
中性脂肪を下げる食生活はどのようにしたらいいのでしょう? 食生活についてお伝えします。
中性脂肪と体脂肪の違いとは
中性脂肪といっても、体脂肪とはことなります。 どのように違うのか、体脂肪についてまとめてみました。
中性脂肪と生活習慣病への対処
中性脂肪と生活習慣病は密接な関係があります。 どのように関係しているのか、中性脂肪の危険性についてお伝えします。
体型と中性脂肪は関係ある?
体型と中性脂肪は直接関係があるとは言い切れません。 その関係性についてお伝えします。